成田屋 歌舞伎缶 2缶入

成田屋歌舞伎缶4缶入成田屋歌舞伎缶3缶入

成田屋 歌舞伎缶 2缶入

メーカー:榮太樓總本鋪
型番:343
JANコード: 4901060003436
価格:

1,400円 (税込 1,512円)

[ポイント還元 15ポイント〜]
手付袋の有無:
のしのご希望:
包装のご希望:
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

■ 商品説明

【内容量】2缶入り【賞味期限】1年【保存方法】直射日光、高温多湿を避けて保存してください。【原材料名】<梅ぼ志飴>砂糖、水飴、着色料(野菜色素)<黒飴>砂糖、水飴、黒砂糖(沖縄産)、桂皮末【特定原材料】使用しておりません

■ 商品仕様

製品名成田屋 歌舞伎缶 2缶入
型番343
JANコード 4901060003436
メーカー榮太樓總本鋪
外寸法 幅234mm × 奥行122mm × 高さ47mm
製品重量425g

江戸以来、日本橋は魚河岸を中心に商業・文化・交通・情報の街として栄えてきました。 又、芝居町では「成田屋」市川宗家が代々江戸歌舞伎を代表する大名跡として存在していましたが、同家は魚河岸大店(おおだな)の旦那衆の贔屓、引立てにより、その人気が支えられていたのです。

一方、榮太樓も、安政四年創業以前は「井筒屋」と称し、魚河岸で屋台を曳き「金鍔」を焼いて商いを致し、そこに集まる多くの江戸っ子達の評判を得ておりました。

やがて名声を高め安政四年に現在の日本橋本店の地に、改めて「榮太樓總本鋪」と称し店を開いたのでございます。

このように、成田屋と榮太樓は共に、江戸日本橋で魚河岸を中心とした共通のファンからの愛顧を受けてきたという由縁(ゆかり)に加え、九代目市川團十郎丈は、榮太樓当主が今も家元を継承している茶道宗徧流時習軒七世宗賀の門人であり、更に、十二代目市川團十郎丈とは襲名公演(昭和六十年)と四期歌舞伎座「お名残り公演」の折に、又、十一代目市川海老蔵丈とも襲名公演(平成十六年)と五期歌舞伎座「柿葺落し公演」(平成二十五年)で弊鋪六代目細田安兵衛がお仲間と共に、両丈の「助六」出端浄瑠璃「河東節」を務めましたことも成田屋と榮太樓の絆を深めるものとなっています。

そのようなことから、今般、五期歌舞伎座開場に当り、市川宗家の御家芸歌舞伎十八番の内、柿葺落し直前に惜しくも他界した十二代目市川團十郎丈の「弁慶」姿と、これを機に市川宗家の若き当主としての第一歩を刻む十一代目市川海老蔵丈の「助六」姿にそれぞれのサインを添えてデザインした「榮太樓飴」の缶入セットを、成田屋と榮太樓共通のファンに応えるべく作成いたしました。
「お江戸日本橋看板の揃い踏み」の品。どうぞ 目で、舌でいつ迄もお楽しみください。